外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

レバレッジの規制(高レバレッジの方法)

このページでは、外国為替証拠金取引(FX)のレバレッジの規制について説明をしています。外国為替証拠金取引(FX) のレバレッジの規制というFX入門者用のページです。

外国為替証拠金取引(FX) って何か分からないという方はこちら

レバレッジの規制

外国為替証拠金取引(FX)のレバレッジには2011年8月1日から規制がかけられました。

外国為替証拠金取引(FX)では、最初に外国為替証拠金取引(FX)業者に証拠金(保証金)を渡し、それを元手に、 何倍もの価値のある通貨を買うという投資をします。

この取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)がレバレッジですが、

以前はレバレッジに規制がなく、中にはレバレッジ400倍という外国為替証拠金取引(FX)業者・企業もいました。

レバレッジ400倍とは10万円の証拠金(保証金)を業者に預けて、40万ドル(約4000万円)のドルを買うという取引になります。

この場合、25銭下がれば10万円の証拠金がなくなるという取引になります。

25銭なんて、ほんの数分で動いてしまう金額なので、あまりにも投機的すぎるとの判断から、

金融庁から規制がかけられることになりました。

現在では、レバレッジは25倍以内と規制されています。

ある程度安全の範囲で外国為替証拠金取引(FX)を行うということですね。

ページのトップへ▲

高レバレッジで勝負するには

そうは言っても、高レバレッジで勝負したい人もいると思います。

そういう方にも方法はあります。

それは

法人化

です。

なぜか法人でFXの口座を開設するとレバレッジ規制の対象から外れます。

よって、法人を設立して、そこで外国為替証拠金取引(FXの)の業者に口座を開設すれば、高レバレッジで勝負ができます。

法人の設立は昔は資本金1000万円以上でしたが、今は資本金1円からでも設立できます。

法人化の際の課題は、
@FXの法人口座が開けられるか
A銀行口座が開けられるか
の二つです



@FXの法人口座が開けられるか

法人で口座を開けるとなると個人でやるばあいと違い、そもそも法人では開設してくれない業者もあり、開けやすいFX業者と開けにくい業者があります。

法人でも口座が開けやすい業者については、「これがベストの業者だ!」 をご覧ください(一番下に記載されています。)



A銀行口座が開けられるか

こちらも個人とは異なり、法人の銀行口座については、近年、振り込め詐欺が架空口座を使いまくった影響で、開けることが難しくなりました。大手メガバンクや地銀では難しく、やはりインターネットに理解の深いインターネット銀行であるジャパンネット銀行がFXでも開けやすいようです。

ジャパンネット銀行の口座開設はこちらから



B法人設立の際に気をつけるべきこと

この二つを解決するには、法人設立の際に以下の点を気をつけた方がいいです。

(イ)定款の事業目的はFX以外も記載する

法人設立の際に定款を作成する必要があり、定款には事業目的(事業内容)を記載する必要があります。この事業目的にFXだけを記載していると、アヤシい企業と誤解を受けて、銀行口座の開設時に拒否される可能性もあります。

よって、「インターネットサイトの運営・企画」や「ソフトウエア制作の受託」などありがちな業務内容を記載された方がいいです。この定款の事業目的に書いたからと言って、事業としてやらないこともできるので、適当に記載していただければいいかと思います。

(ロ)資本金は100万円以上に

現在は株式会社でも資本金は1円以上からできますが、できれば100万円以上にした方がいいです。これも銀行口座やFX法人口座の開設時の審査に影響をおよぼすようです。資本金でお金を出しても、そのままFX口座法人口座開設時に証拠金として入れればいいだけですので、なくなるわけではないので、資本金はできるだけ積んだ方がいいです。

いずれにせよ、法人設立には必ず20万円以上のお金がかかります。それをかけてでも高レバレッジの口座を持つべきかどうかをよく判断した上で法人化をご検討下さい。


ページのトップへ▲