外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

悪徳業者・会社にご注意を!

このページでは、外国為替証拠金取引(FX)の悪徳業者・会社に騙されないためのチェックポイントをご紹介しています。

以前は、外国為替証拠金取引(FX)の業界には結構な数の悪徳業者がいたようです。その悪徳業者が何も知らない高齢者から高金利を持ちかけて、証拠金・ 保証金を騙し取る事件が多発して、社会問題にまでなりました。

それを踏まえて、2005年7月に金融先物(商品)取引法が改正され、 新たに外国為替証拠金取引(FX)業者・会社にも法の網がかぶさるようになりました。

詳しくは、「金融商品(先物) 取引法って何? 」のページをご覧下さい。

これで相当程度の悪徳業者・会社は撲滅されたようですが、いまだ少しはいるそうです。

ですので、こういう悪徳業者・会社に騙されないようにしなければいけません。

どこが悪徳業者のシグナルなんでしょうか?

それは、ズバリ、

金融先物取引法の規定に反している業者

です。

具体的には、以下のような業者は要注意サインが出ているということです。

  • 国への登録番号を明示していない業者
  • 広告に「必ず儲かる」と書いてある業者
  • 勧誘電話がかかってくる業者
  • 勧誘時に「必ず儲かる」とか「損失は補填します」と言ってくる業者

これらは全て金融先物(商品) 取引法に違反しています。

「勧誘電話だけでもダメなの?」という声が聞こえてきそうですが金融先物(商品)取引法では、 外国為替証拠金取引(FX)業者・会社が要請もないのに電話勧誘することを禁じています。ですので、電話勧誘があった時点で、悪徳業者決定! のシグナルがでてることになります。

その他、

  • オンラインでの取引をしていない業者・会社
  • 買値と売値の両方を同時に明示していない業者・会社

などは、金融先物(商品) 取引法違反ではありませんが、かなり危険度高いというサインがでています。避けた方がいいでしょう。

「逆にどこが大丈夫なの?」という方は、「外為証拠金取引業者を選ぶポイント」 と 「外為業者・会社の徹底比較・一覧」 のページをお読みいただければ分かります。