外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

投資で儲けるコツ

このページでは、投資を始めるときのコツや心構えなどをご紹介します。

株式投資でも投資信託投資でも外国為替証拠金取引(FX)でもとにかく投資は心理戦です。なぜなら、 多くの市場参加者が機械ではなく人間が判断して投資をしているからです。

そうなると投資に最も必要なのは、様々な高度な分析でもなく、経済の知識でもなく、「心構え」ということになります。

以下では、投資を始めるときのコツ、つまり心構えをご紹介します。これはとても大切ですので、ぜひ心に留めておいて下さい。

投資は必ず余裕金で行うこと

投資の世界で昔から言われているのが、「命金には手を出すな」というものです。 自分の生活費まで投資につぎ込んではいけないという意味です。

投資はある意味ある一定の法則に基づいて行動していれば、ある程度勝つことが可能です。特に、世界中から多数の参加者が集まっている外国為替証拠金取引 (FX)ではそれが顕著に現れます(その一定の法則については、「為替差益で大きく!(2)テクニカル分析」をご覧下さい。)。

しかし、冷静さを失っていては、そういう行動が取れません。ついつい、無意味に突っ込んでしまったり、臆病になってしまったりします。

つまり、冷静であり続けることが投資で儲ける秘訣なのです。

しかし、自分の生活費が、この投資にかかっているとしたらどうでしょう?誰しも冷静に判断することは不可能だと思います。

したがって、投資は生活費以外のお金、つまり、

まあ無くなっても、最後はしょうがないと思えるお金で投資はしてください。

「そんなお金はない!」

という方は、がんばって働いてお金を貯めてから投資は始めて下さい。

また、借金しているのにもかかわらず、投資をしている人もいます。賛否両論あるかと思いますが、私は、これには反対です。 実際に投資をしてみれば分かりますが、住宅ローンのような5から6%のような低利回りの利益を投資から得るのでも結構大変です。 ましてや、消費者金融でお金を借りて、18%とか25% の金利を払いながら投資をするのは愚の骨頂です。借金返済より利回りのいい投資はありません。 借金を返してから投資を始めましょう。

ページのトップへ▲

リスク分散を必ず行う

ビジネススクールなどで金融論を学ぶときに必ず学ぶのが「ポートフォーリオ理論」です。これは、 「いろんな種類の投資商品を買い集めてできた商品は、ひとつひとつの商品よりも有利な商品となる」というものです。

つまり、100万円を持っているときに、100万円で米ドルだけを買うよりは、米ドルとユーロとオーストラリア・ドルとニュージランド・ ドルとタイバーツをそれぞれ20万円ずつ買った方が、リスクに比べて利回りが高くなるという理論です。

これは既に理論的に証明されており、世界中の多くの機関投資家がこの理論を使っています。

また、このリスク分散は、通貨の数だけではなく、時間的な分散も含まれています。つまり、今日、 50万円分のドルを全額買ってしまうのではなく、10万円ずつ5日に分けて買った方がおトクだということです。

投資をするときは、一つの通貨だけに投資するのではなく、また、一時期に一気に投資をするのではなく、 通貨も時間も分散させて投資をした方がお得だということです。

ページのトップへ▲

あまり多くの通貨は狙わない

上で書いたリスク分散と相反するところがあるのですが、外国為替証拠金取引(FX)を行う際には、様々な情報を入手して、 分析する必要があります。ある程度、その通貨の動きのクセのようなものも把握する必要があります。

そんなときに、10も20もの通貨を相手にするのは相当大変です。ましてや円との間の決済だけでなく、米ドル/ユーロ、ポンド/ NZドル、スイスフラン/ オーストラリアドルなど外国の通貨間まで合わせると無限の組み合わせができてしまいます。

人間は情報の量が増えると確実に混乱します。混乱は間違った判断をする基になります。人間が処理できる情報量は限られているのです。

その通貨の国のファンダメンタルス(経済の基本的な情報)がある程度把握できて、取引量がある程度ある通貨となると、 やはり5から6通貨程度、多くても7から8通貨程度でしょう。現実に、私は、円ベースのみで米ドル、英ポンド、ユーロ、オーストラリアドル、 ニュージーランドドルの5通貨ぐらいを追いかけています。

相当慣れてきたのであれば、ともかく、少なくとも最初は、上記5通貨ぐらいあれば十分なのではないでしょうか?

ページのトップへ▲

利益と損の確定はお早めに

これは実際に投資をしていると、誰しもがそういう心理に陥るのですが、

  • 利益がでているにもかかわらず、「もうちょっと待ったらもっと儲かるかも」と思って待ってみる
  • 大損しているにもかかわらず、「もうちょっと待ったら回復するはず」と言ってズルズル持ち続ける

というようなことが多々あります。

これは、過去に、「ああ、早く決済しすぎたよー。もっと待ったらもっと儲かったのにー」ということや 「ああ、早く決済しすぎたよ。 もっと待ったら損は少しで済んだのにー」という経験をしてしまうからです。

ですが、投資をする上で、こういう事態が一番損をします。利益確定、損失確定は早めにした方が、全体で見れば、確実に利益が上がります。

なお、投資の世界では、決済をして損失を確定することを、「損切り」と言います。「損切りはお早めに!」ということです。

しかし、人間は、頭でそうと分かっていても、いざ実際に投資をし始めるとズルズルと持ちすぎてしまいます。

ですので、外国為替証拠金取引(FX)をするのであれば、買うときに、「ここまで下がったら決済する」、「ここまで上がったら決済する」 というのを決めておいた方がいいです。また、外国為替証拠金取引(FX)であれば、そういう注文の仕方も可能です。

注文の仕方の詳しくは、 「注文方法(OCO,IFD(イフダン),IFO)」をご覧下さい。

ページのトップへ▲

6勝4敗のつもりで

投資をしていれば勝つときもあれば、負けるときもあります。全ての取引に勝つことは、どんなベテランの人間でも不可能です。

ですので、負けることを怖がって、投資をしないというのは最もしてはいけないことです。

勝つときもあれば、負けるときもある。

大切なのは、

勝つときは大きく勝って、 負けるときはできるだけ小さく負ける

ことと、

勝つ回数を負ける回数より多くする(6勝4敗を目指す)

ことです。

こうしていれば、トータルでは必ず勝てます。