外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

リスク対策が最も大切!

このページでは外国為替証拠金取引(FX)でのリスク対策の大切さを解説します。

レバレッジ管理の大切さ

外国為替証拠金取引で最も重要なものはなんでしょうか?

それは

リスク対策

です。

具体的には

レバレッジを何倍にするのか?

ということが最も大切になってきます。

レバレッジとは、取引金額に対する証拠金(保証金)の割合のことで、これによってリスクとリターンの量を調整することができます。 (詳しくは、「レバレッジって何? 」のページをご覧下さい)

レバレッジの量を調整していないと、あっという間に証拠金がなくなってしまい、何十万というお金がなくなってしまうこともありえます。

投資をするときは、儲けるテクニックも大切なのですが、それよりも大切なのは、自分がどこまでリスクを負えるか (どれだけのお金なら無くなってもいいのか)を把握して、投資のリスクをそれ以下に抑えることなんです。

投資で儲けるコツ」のページでは、 「投資は余裕金でしましょう」と書きましたが、やはり、いきなり全額なくなると結構しびれます。

例えば、エフエックスオンライン(FXonline)では、5万円から200倍の外国為替証拠金取引(FX)が可能です。つまり、 5万円で1000万円(=10万ドル) の米ドルを購入できるニいうことです。

そこで50銭動いたらどうなるのでしょう?

それで保証金(証拠金)全額がなくなってしまうことになるんです。一日に50銭動くなんてことは、かなりの可能性であります。

200倍の取引というのはそういうことなんです。

外国為替証拠金取引(FX)では、自分で取引量を調整することでレバレッジを調整することができます。私は、これが、 最も外国為替証拠金取引(FX)のいいところだと思います。自分で自分のリスクの許容範囲(なくなってもいい金額)をきちんと把握して、 それに合わせて、大きな勝負もできるというところが一番おトクな取引だといえます。

ページのトップへ▲

レバレッジ管理の例

外国為替証拠金取引(FX)では、ただ購入する通貨単位を変えるだけで、利回り1%から50%まで、 自分に合ったリスクと利回りを得ることができます。レバレッジ1%なら、(日本の金利がゼロである限り)外貨預金と全く同じ商品になります。

【例】証拠金(保証金)を100万円預けた場合(1ドル=100円とする)

購入通貨単位 レバレッジ 1円ドル高 1円ドル安
1万ドル 1倍 +1万円
(+1%)
ー1万円
(-1%)
5万ドル 5倍 +5万円
(+5%)
ー5万円
(-5%)
10万ドル 10倍 +10万円
(+10%)
ー10万円
(-10%)
50万ドル 50倍 +50万円
(+50%)
ー50万円
(-50%)

1円動いただけで、†1万円の損からー50万円の損まで選べるわけです。つまり、自分にあったリスクはどの程度なのかを把握して、 それギリギリまで外国為替証拠金取引をする必要があるということです。

ですので、常に、自分のレバレッジはいくらで、どれくらい損をする可能性があるのかを常に把握しながら、投資を行うことが重要です。

ページのトップへ▲

マージンコールとロスカット

また、外国為替証拠金取引には「マージンコール」と「ロスカット」という制度があります。 両方とも、損失が拡大したときに、外国為替証拠金取引(FX) 業者が強制的に損失を確定させてしまう制度です。顧客が証拠金を超えて大損してしまうのを防ぐために、 ほとんどの会社がこれを設定しています。

詳しくは、 「マージンコールとロスカットとの違い」 のページをご覧下さい

したがって、「マージンコール」や「ロスカット」に簡単に突入しまう様なレバレッジの掛け方をしていると、 あっという間に強制的に損を確定させられてしまいます。気をつけましょう。