外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

スワップ金利で手堅く!

このページでは、外国為替証拠金取引(FX)においてスワップ金利(ポイント)で手堅く儲かる方法、解説、運用方法、 長期に運用した儲けの例を紹介します。

スワップ金利でどれくらい儲かるの?

現在のスワップ金利は歴史上稀に見るほど大きくなっています。

まず、スワップ金利とは、二つの通貨(例えば日本円と米国ドル)の金利差をベースに計算されるものです。したがって、現在、 歴史上稀に見るゼロ金利である日本円と諸外国との間に、歴史上稀に見る大きなスワップポイントが生まれているということです。

ですので、まず、スワップ金利で儲かるためには、海外の通貨の「買い」を入れなければなりません。

逆に言えば、海外通貨の「買い」さえ入れていれば、必ず大きなスワップ金利を毎日もらうことができるということなんです。 ここがスワップ金利のおいしいところなんですね。

では、現時点で、どの程度もらうことができるのか予想計算をしてみましょう。

【スワップ金利の計算例】

証拠金100万円で各通貨を購入。スワップ金利の金額は2006年4月現在の外為どっとコムより。

期間 1日 1ヶ月 1年
米ドル 1万米ドル 156円
0.016%
4,680円
0.47%
56,160円
5.61%
5万米ドル 780円
0.078%
23,400円
2.34%
280,800円
28.08%
10万米ドル 1,560円
0.16%
46,800円
4.7%
560,160円
56.18%
オーストラ
リアドル
1万豪ドル 126円
0.0013%
3,780円
0.38%
45,360円
4.54%
5万豪jドル 630円
0.063%
18,900円
1.89%
226,800円
22.68%
10万豪ドル 1,260円
0.013%
37,800円
3.78%
450,360円
45.04%
ニュージー
ランドドル
1万NZドル 148円
0.0015%
4,440円
0.44%
53,280円
5.33%
5万NZドル 740円
0.0074%
22,200円
2.22%
266,400円
26.64%
10万NZドル 1,480円
0.015%
44,400円
4.44%
532,800円
53.28%
英国ポンド 1万ポンド 254円
0.0025%
7,620円
0.076%
91,440円
9.14%
5万ポンド 1,270円
0.013%
38,100円
3.81%
457,200円
45,72%
10万ポンド 2,540円
0.025%
76,200円
7.26%
910,440円
91.04%

なんど、英国ポンドでは、10万ポンドを購入し、1年間持ち続けるだけで、ほぼ証拠金(保証金) とほぼ同額のスワップ金利を手にすることができます。

では、早速、外国為替証拠金取引(FX)業者に申し込みを・・・

ちょっと待った!!!

確かにスワップ金利は、その通貨を持っているだけで、手にできる金利のようなものです。でも、ちゃんとリスクはあるんです。

ページのトップへ▲

スワップ金利運用のリスク

スワップ金利の獲得自体は、その通貨を持ってさえいればできます。が、その元本は為替リスクに晒されていることを忘れてはいけません。

スワップ金利獲得を目指す運用方法のリスクは、大きく分けて二つあります。

  1. 為替差損のリスク
  2. ロスカット・マージンコールのリスク
  3. 日本円の金利の上昇リスク

まず、為替差損のリスクについては、当然といえば当然です。元本が為替リスクに晒されている以上、為替の下落による損失は発生します。

【例】10万ポンドを1ポンド=210円で買いを入れた。

1年後の
スワップ金利
1年後の
為替レート
1年後の
為替差損
損益
910,440円 209円 -10万円 810,440円
205円 -50万円 410,440円
200円 -100万円 -89,560円
195円 -150万円 -139,560円

なお、2005年4月から2006年4月までの間に、ポンドは1ドル=210円のときもあれば、1ドル=195円のときもありました。 つまり、この数字は現実的なポンドの動きを考慮に入れて作成したものです。

スワップ金利での運用であっても、常に為替差損のリスクに晒されています。必ず儲かるワケではないということを理解する必要があります。

また、スワップ金利の運用をしている人は、「為替差損はあるが、決済をしなければいい。外国為替証拠金取引はずっと持ち続けられるので、 為替が戻ったときに決済をすれば為替差損はない。」という人もいます。

しかし、やはり、「マージンコールとロスカットのリスク」と「日本の金利上昇リスク」が残るのは事実です。

ページのトップへ▲

ロスカット・マージンコールのリスク

スワップ金利での運用をするためには、長期で外国通貨を保有する必要があります。すると、その間に、 外国為替が突然下がることもありえます。

そうなると、当然、一時的にマージンコールラインやロスカットラインを下回ることだってありうるということです。 そうなるとどうなってしまうのでしょう?あなたがいくら、「この投資はスワップ金利狙いで通貨が回復するまで待ち続けるんです。 だから為替差損はでません。」と叫んだところで、強制的に決済をされてしまいます。

マージンコール・ ロスカットについては、 「マージンコールとロスカットの違い」 のページをご覧下さい。

その時点で、為替差損は確定し、 得られるはずのスワップ金利より遥かに大きな為替差損を被ることになります。

【例】100万円で1ポンド=210円のときに10万ポンドの買いを入れる。
   マージンコールラインは50%、ロスカットラインは20%。

為替レート 為替差損 ロスカット?
208円 -20万円 セーフ
205円 -50万円 マージンコール!
202円 -80万円 ロスカット!

たった5円下がっただけで、マージンコールがかかり、8円下がればロスカットされてしまいます。なお、ポンドは2005年中に5円の変動が5回以上あり、 210円から202円に下がったこともあります。

100万円で10万ポンドを買うのは約20倍のレバレッジですが、これではとても危なくてスワップ金利できません。

スワップ金利投資をするときには、少なくともロスカットやマージンコールを喰らわないような運用をする必要があります。

では、どの程度であれば、マージンコールやロスカットを喰らわないのでしょうか?

例えば、米ドルで考えてみましょう。

【例】証拠金100万円で1ドル=120円のときにドルに買いを入れる。

購入金額(ドル) レバレッジ ロスカットになる為替レート
1万ドル 1.2倍 1ドル=40円
2.5万ドル 3倍 1ドル=88円
3万ドル 3.6倍 1ドル=93.3円
4万ドル 4.8倍 1ドル=100円
10万ドル 12倍 1ドル=112円

過去に最もドルが安くなったときが、1ドル=79円ですから、レバレッジ3倍から4倍程度がロスカットを防ぐ目安だと考えられます。

例えば、2.5万ドルを購入したときの1年間のスワップ金利は約14万円ですから、年利14%。これでもかなりの利回りだと考えられます。

ページのトップへ▲

日本円の金利の上昇リスク

上のような計算を示して、「レバレッジを3倍から4倍に抑えて、スワップ金利を取るようにして、確実に14%から15%の得ましょう! だから外国為替証拠金取引(FX)は儲かるんです!」といううたい文句を出している本やサイトをよく見かけます。

また、そういう本やサイトでは、「スワップ金利獲得の際には、為替差損は気にする必要はない。なぜなら、外国為替証拠金取引(FX) は外貨をいつまでも持っていてもいいので、仮に為替が下がって、一時的に含み損を抱えたとしても、また、 為替が戻るまで持ち続けていれば大丈夫」 と説明しています。

これは真っ赤な大ウソです。

こんなものに釣られて、簡単にスワップ金利投資を始めると、「被害者」になってしまいます。

理由は、

日本の金利が上がることを忘れているから

です。

現在、日本円の金利はほぼゼロです。これがスワップ金利を歴史上稀に見るぐらい大きくさせているのですが、 いつまでもゼロというわけではありません。いつかは1%になり、4%になるのです。

そんなことあるわけないじゃん!という声が聞こえてきそうです。

しかし、たった十数年前のバブル崩壊直後の日本の金利は6%前後だったのです。ここ何年もゼロ%が続いている日本の金利だって、いつ4% になるか分かりません。

そうなったら、どうなるのでしょうか?

先ほども書いたとおり、スワップ金利は二国間の金利の差で生まれます。日本の金利が上がり、1%、2%となっていくと、 スワップ金利も段々下がってくるということになります。

また、日本の金利が高くなれば、投資家は日本の円を買うようになるので、日本の円が高くなる、つまり、ドルが安くなるんです。

そして、日本の金利上昇によるドル安は、日本の金利がゼロに戻らない限り、基本的には戻ることはありません。つまり、

円の金利が上がれば、為替レートは長期にわたり下がり続け、 当分元に戻ることはない

ということになります。

そうなると、スワップ金利は下がるは、 為替レートは下がるは、でスワップ金利投資をしている人にとってはダブルパンチで損失が拡大します。 為替が元に戻ることはないので、 いつかどこかで為替差損を清算しなければならないことになります。こうなったら目も当てられません。 恐らくそのときには、1年間がんばって貯めたスワップ金利も為替差損で吹き飛んでいるばかりか、マイナスになっていることでしょう。

2006年3月に日本銀行は、量的緩和政策の中止を宣言しました。つまり、次は、公定歩合(金利)を上げるということです。まだ、 すぐには上げないと思いますが、物価の上昇の仕方次第では、日銀は金利を上げるでしょう。そもそもゼロ金利というのが極めて異常な状態ですので、 日銀は早くそこから脱出したいと考えているからです。

また、仮にこの1年以内に日銀が金利を上げなかったとしても、日銀が金利を上げそうだという感覚を多くの投資家が有した時点で、 為替レートは下がり始めます。 そうなったら、当分、今のレートに戻ることはないので、 多額の為替差損を抱えてしまうことになってしまいます

ページのトップへ▲

スワップ金利で手堅く儲ける必勝法

しかし、15%の金利を逃すのはあまりにも惜しいです。私も、スワップ金利(ポイント) を狙った投資をしてはいけないと考えているわけではありません(実際に自分のお金でもしてますし)。

では、スワップ金利(ポイント)で手堅く儲けるにはどうすればいいのでしょうか?

それは、

  • スワップ金利で手堅く儲ける場合であっても、きちんと為替レートを確認し、為替レートがきちんと下がったときのみ、 買いを入れること
  • 儲かる予定のスワップ金利の金額より少ない金額の為替ロスになるようにストップロスオーダーを入れておくこと

となると思います。

一つ目については、スワップ金利狙いであっても、闇雲に外貨を買うのではなく、為替レートの動きはチェックして、今後、 為替レートが上がる可能性のあるときに購入するということです(具体的な、為替レートの分析方法は、「究極・最強のテクニカルチャート分析講座」 をご覧下さい。)。

二つ目については、例えば以下のようにストップロスオーダーを入れておくということです (ストップロスオーダーなどの注文のやり方については、「為替差益で大きく!(2)注文方法」をご覧下さい。)。

【例】
100万円の証拠金。1ドル=120円のときに3万ドルを購入。スワップ金利は1年間変わらないとする。

1年後のスワップ金利による利益 : 168,480円

1年後の為替レート 為替差損 トータルの損益
1ドル=117円 -9万円 +78,480円
1ドル=116円 -12万円 +48,480円
1ドル=115円 -15万円 +18,480円
1ドル=114円 -18万円 ー11,520円

つまり、1ドル=115円程度にストップロスオーダーを設定しておけば、最悪、1年後にレートが5円下がって、 115円になってしまっても損することはなく、トータルでスワップで儲けることができるということになります。

もちろん、1年が過ぎる前に115円になってしまったら、その時点で決済されてしまうので、以降のスワップ金利はもらえません。ですので、 トータルで損をすることになります。ただ、一つ目で書いたように、為替レートが上がると判断した時点で、 ドルの購入をしているはずなので、 これは、万が一、ドルが急降下して大損をしないための戦略ということになります。

この戦略は、レバレッジとストップロスオーダーの組み合わせで何通りか考えられますが、イメージとしては、

  • レバレッジが3倍から4倍
  • ストップロスオーダーが5%の下落幅(ドルだと5円ぐらい)

というのが、妥当なラインかと思われます。

もちろん、レバレッジをもう少し下げて、ストップロスオーダーを小さめにすれば、もう少し安全な商品が出来上がることになります。

要するに、

レバレッジとストップロスオーダーを調整して、最も自分のリスク(損失の許容金額) にあった商品を作り上げることが大切

ということだと思います。

ページのトップへ▲

スワップ金利のマル秘必勝法

さらに、実は・・・

スワップ金利で儲かるマル秘の必勝法があるんです。

それをここではご紹介します。

スワップ金利(ポイント)というのは、毎日付くものですが、実は、本当に毎日同じようについているわけではないんです。

例えば、ある業者では、普通の日は、毎日朝午前6時(4月1日から10月1日まで。それ以外は午前7時)に一日分付くのですが、土・日・ 休日は付きません。その代わり、木曜日の午前6時に3日分付いたりするんです(これは会社に拠ります。土日にそのまま付く業者もあります)。

つまり、

水曜日の夜に買いを入れておけば、 木曜日の朝には3日分手に入る

ということになります。

当然ですが、外貨を持っている時間が短ければ短いほどリスクは小さくなります。 その短期間で3日分のスワップ金利がもらえるというのはリスクを抑えて、リターンをもらえるおいしい投資法となります。

さて、ここで考えてください。

休日があれば、スワップの出ない日があって、その代わりにまとめて払ってくれる日があるわけです。

ということは、連休があると、その代わりにまとめてその分を払ってくれる日があるということです。

そう言えば、日本には長ーい連休がありましたね。

そうです!ゴールデンウィークです!

休みの加減にも拠りますし、業者・会社にも拠るのですが、な、ななんと、一晩で6日分のスワップ金利が付く業者もあります! 2006年5月のゴールデンウィークでは、10万ドル買っておけば、 一晩で9,360円!これはおいしいですね。

この他、米ドルならアメリカの休日、英ポンドなら英国の休日でも、スワップ金利がたくさん付く日ができます。詳しくは、 取引している外国為替証拠金取引業者のスケジュールを確認してください。

この日にはスワップ金利狙いで積極的に買いにでましょう!