←前のページ(スワップでFX(外国為替取引)はまだまだ青い?)

次のページ(レバレッジって何?)→

外国為替証拠金取引(FX)って何?

外国為替証拠金取引(FX)とは、簡単に言えば、外国為替に投資するものです。

外国為替への投資は、例えば、ドルを買ってドルが上
がれば、ドルを売って儲けを出す、ということになります。

したがって、基本的には、

ドルが上がると思う → ドルを買う
ドルが下がると思う → ドルを売る

の二つしかありません。

とってもシンプル。

ただ、この外国為替証拠金取引(FX)のポイントは、証拠金(保証金)取引であるというところです。

証拠金(保証金)取引とは、取引業者に預けた証拠金(保証金)の数倍程度の額を投資することができる取引です。例えば、 10万円の証拠金を業者に預けると100万円分のドルが買えたりします。

そこで買ったドルが上がったり、下がったりすると利益が出たり、損が出るので、決済時点で利益がでるとその利益は自分のもの、 損がでるとあらかじめ預けておいた証拠金(保証金)から差っぴかれることになります。

(例)
1ドル=100円のときに10万円を証拠金(保証金)として預け入れた。この証拠金(保証金)を基に100万円分のドルを購入。

決済時レート 1ドル=101円 1ドル=99円
決済時のドルの価値 1万ドル×101円
=101万円
1万ドル×99円
=99万円
損得金額 +1万円 ー1万円
(証拠金が
9万円となる)
利益率 +10% ー10%

10万円を預けて100万円分のドルを買ってるので、証拠金(保証金)の10倍の投資をしているのですが、 この10倍のことをレバレッジ(てこ)といいます。

このレバレッジをきかせて、大きな額の外国為替取引を行う取引が外為証拠金取引(FX)というわけなんです。

 




外為,外国,為替,証拠金,取引,FX,解説,確定,申告,一覧,比較,ランキング