外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

外国為替証拠金取引(FX)の儲け方の基本

外国為替証拠金取引(FX)の儲け方には二種類あります。

  1. 為替差益で儲ける方法
  2. スワップ金利(ポイント)で儲ける方法

このページでは、「1.為替差益で儲ける方法」をご紹介します。

「スワップ金利 (ポイント)で儲かる方法」についてはこちら

1.為替差益を使う方法

例えば、以下の例で考えてみます。

(例1)
1ドル=100円のときに10万円を証拠金(保証金)として預け入れた。この証拠金(保証金)を基に100万円分のドルの「買い」を入れる。

 

決済時レート 1ドル=101円
(ドル高円安)
1ドル=99円
(ドル安円高)
決済時のドルの価値 1万ドル×101円
=101万円
1万ドル×99円
=99万円
損得金額 +1万円 -1万円
(証拠金が
9万円となる)
利益率 +10% -10%

 

1ドル=101円になったときの+1万円が為替差益による利益となります。 逆に1ドル=99円になったときの-1万円が為替差損による損失となります。

このような為替差益をキャピタルゲインともいいます。

言うなれば、ここは株と同じですね。株が上がると思ったら、株を買う。

ただし、株と違うのは、下がると思った局面でも「売り」 を入れることで儲けることができるという点です。

(例2)
1ドル=100円のときに10万円を証拠金(保証金)として預け入れた。この証拠金(保証金)を基に100万円分のドルの「売り」を入れる。

 

決済時レート 1ドル=101円
(ドル高円安)
1ドル=99円
(ドル安円高)
決済時のドルの価値 1万ドル×101円
=101万円
1万ドル×99円
=99万円
損得金額 -1万円
(証拠金が
9万円となる)
+1万円
利益率 -10% +10%

 

「売り」を入れることで、今度は損得が逆になります。これは、前もってドルを1万ドル分(=100万円)借りた上で売っておき (同時に100万円分の円を貸しています。後術。)、1ドル=99円になったときに100万円を返してもらい、そのうち99万円を使って、 1万ドルを買い戻して、それで穴埋めをするため、1万円の利益がでるというわけです。

つまり、この為替差益で儲けるためには、

ドルが高くなると思ったときはドルを買う。
ドルが安くなると思ったときはドルを売る。

ということになります。

つまり、外為証拠金取引(FX)はドルが上がっても、下がっても儲けられるわけですから、

あらゆる局面で儲けることができる

ということになります。