←前のページ(外国為替証拠金取引(FX)の儲け方の基本)

次のページ(外国為替が動くわけ)→

スワップ金利(ポイント)で儲かる方法

このページは、 「外国為替証拠金取引(FX)の儲け方の基本」の続きです。

このページでは、FXの為替スワップ金利(ポイント)について説明をします。

まずは、単純な質問から。

外国為替証拠金取引(FX)では、10万円の証拠金(保証金)を外国為替証拠金取引(FX)業者に預けるだけで(つまり、 投資額が10万円で)、100万円相当のドルを買うことができます。

なぜでしょう?

 

答えは、外国為替証拠金取引(FX)では、必ず反対取引をしているからです。つまり、ドルの「買い」を入れている場合は、 必ずその反対である円には「売り」を入れているのです。

例えば、1万ドルの「買い」を入れる場合は、まず、100万円を借りてきて、その100万円で円を売ってドルを1万ドル分を買い、 そのドルを貸しているのです。逆に、1万ドルの「売り」の場合は、1万ドルを借りて、ドルを売って円を100万円分買い、 その100万円を貸していることになります。

だから、10万円だけでも100万円相当の取引ができちゃうんですね。

そして、この貸し借りに、それぞれ金利が付くのですが、この金利差がスワップ金利 (ポイント)となります。

 

(例)米ドルが5%、円が1%の時に1万ドルの「買い」を入れた。

貸付金の金利 :1万ドル×5%=500ドル(=5万円)
借入金の金利 : 100万円×1%=      -1万円
                          +4万円

 

この4万円がスワップ金利(ポイント)となり、この場合は、1万ドルの買いを入れた人がこの金利を手にすることになります。

このスワップ金利(ポイント)は、ドルが上がろうが下がろうが必ず毎日得られる利益(金利) です(もちろん、「売り」 を入れている場合は、決済しなくても失っていく損失となります)。

株は、持っているだけでは、年に1回の配当金以外は何ももらえませんが、外国為替証拠金取引(FX)はドルを持っているだけでも、 毎日スワップポイントが得られるということになります。

これが外国為替証拠金取引(FX)の儲け方の特徴です。

さて、このスワップ金利(ポイント)は、二カ国間の金利を比較した差で決まるということでしたが、 今の日本の金利はどうなっているでしょう?

答えは、超低金利です。公定歩合(日銀が銀行に貸し出すレート)は0%で、 歴史上稀に見る超低金利状態が続いています。

一方で、各国の金利の比較はどうなっているでしょうか?(2006年3月末現在)

米国        4.75%
ユーロ       2.50%
英国        4.50%
オーストラリア   5.50%
ニュージーランド 7.25%

高いですね。というかこれが普通なんですが、ニュージーランドなんて結構高いです。

これは、今は、日本円とこれら各国の通貨の金利は比較すると差がデカい、つまり、

今は、歴史上稀にみるほどスワップポイントがデカい

ということになります。

例えば、各通貨のスワップ金利(ポイント)の比較はこんな感じです。

米ドル/円   157円/1日
ユーロ/円   106円/1日
豪ドル/円   124円/1日 
ポンド/円    247円/1日
NZドル/円   145円/1日
(2006年4月13日現在)

これらは1万通貨単位(例えば1万ドル)を持っていれば、手に入る金額です。

例えば、

米ドルを一ヶ月持っていれば、157円× 30日= 4,710円
米ドルを一年持っていれば、 157円×365日=57,305円

となり、証拠金を10万円だとすれば、年利約57%!の運用となります。 これは売り買いで手に入るわけではなく、ただ持っているだけでもらえるので、 その意味ではノーリスクでこれだけの利回りが取れるということになります

 

(もちろん、これ以外のリスクは当然存在します。 それについては 「外国為替証拠金取引(FX)のリスク」 をご覧下さい。)。

これが、今が歴史上稀に見る外国為替証拠金取引(FX) で儲けられる期間だと言われている理由です。

※厳密には、スワップは金利ではありません。ロールオーバー(1日の終わりに行う翌日への繰越処理) の際に行う為替スワップ取引の直物と先渡の価格差で決まるものです。したがって、スワップポイントと呼ぶのが正しい言い方です。しかし、 二国間の金利差を主な要因として生じるものなので、金利と考えたほうがわかりやすいのでここではそのように説明しました。

 




外為,外国,為替,証拠金,取引,FX,解説,確定,申告,一覧,比較,ランキング