外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

保証金・証拠金って何?

このページでは外国為替証拠金取引(FX)の証拠金・保証金について徹底的に紹介・解説しています。

外貨証拠金取引(FX)をしようとすると、必ず、取引をするまえに外為証拠金取引(FX)業者・会社に証拠金(保証金) を預けなければなりません。

この証拠金(保証金)は、投資をする人が損をした場合、外貨証拠金取引(FX)業者・会社はその証拠金(保証金)から、 その損失をひくことになってます。ですので、もし、投資に失敗しなければ、証拠金(保証金)は全額返ってきます(たいていの業者は、 取引さえしてなければいつでも引き出せます。)

また、保証金も以下の3種類があります。

(1)必要保証金

現在持っているポジション(外貨の持ち高)に必要な保証金のことです。会社によって違いますが、 だいたいが1万通貨単位ごとに5万円ぐらいです。

(2)受入保証金

外為証拠金取引(FX)業者・会社に預けてある証拠金・保証金全額です。

(3)使用可能保証金

新たな取引に使うことのできる保証金です。

 

この3つの保証金の関係は、

使用可能保証金=受入保証金ー必要保証金

となります。

(例)1万ドル当たりにかかる必要保証金が5万円の会社に100万円預けた。現在、5万ドルを持っている。

必要保証金=5万円×5=25万円
受入保証金=100万円
使用可能保証金=100万円ー25万円=75万円

なお、通常、保証金や証拠金を何もつけないで裸で使う場合は、受入保証金のことを指すことが多いようです。