外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

外為証拠金取引(FX)の税金・確定申告

このページでは、外国為替証拠金取引(FX)の税金、確定申告、税務処理のやり方について紹介しています。

外国為替証拠金(保証金)取引(FX)で得られた利益には税金がかかります。なので個人でも法人でも税金対策は必要な場合もあります。

外国為替証拠金(保証金)取引(FX)で得られた利益は、税法上は、通常、「雑所得」として扱われます。

 

「雑所得」の場合は、

  • 年間給与所得が2000万円以下で、かつ、給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合、を除き、 確定申告が必要
  • 他の所得(給与等)と合算して税を計算(総合課税)
  • 必要経費を差し引くことができる
  • 他の雑所得と損益通算計算ができる
  • 雑所得全体でマイナスになっても他の所得と通算することはできない

という扱いになります。

これはどういうことなのでしょうか?

まず、普通のサラリーマンであれば、給与所得が2000万円を超えることは少ないので、

外為証拠金取引(FX) での利益が20万円を超えれば確定申告が必要

ということになります。

なお、確定申告は税理士さんに相談して、必ずやるようにしてください。でないと、あとからとんでもない税金が支払わされます。

 

次に、他の所得と合算して税金を計算されるので、

外国為替証拠金取引(FX) であんまり儲けると給料にかかる税率も上がってしまうことがある

ということになります。合計所得が700万円を超えると税率が20%から30%に上がるので、百万単位で儲けてしまった人は要注意です。

例えば、課税所得金額が450万円(給与所得ベースで760万円ほど)の人を考えて見ます。これであれば、税率は20%で、 90万円の税金を支払うことになります。

しかし、もし仮にこの人が、外為証拠金取引(FX)で300万円儲けたとすると、合計750万円となり、税率が30% のクラスに入ってしまうので、給与所得分(の一部)にも30%がかかってしまい、135万円の支払いとなってしまいます (現実には控除などがあるので、もう少し低い金額となります)。

せっかく外国為替証拠金取引(FX)でリスクを背負って儲けたのに、給料からひかれる税金が増えて、 トータルでそれほどプラスにならない可能性もあります。

 

それを避ける手段が、「くりっく365」 という取引所による外国為替証拠金取引です。ここで取引を行えば、儲けた利益は「申告分離課税」として課税されるため、 いくら儲けても給料にかかる税金は変わりません。

「くりっく365」には外国為替証拠金取引業者の一部が参加しています。詳しくは、「くりっく365って何?」 のページをご覧下さい。