外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

外国為替証拠金取引の儲け方

 

外国為替証拠金取引(FX)の儲け方の基本

外国為替証拠金取引(FX)の儲け方には二種類あります。

  1. 為替差益で儲ける方法
  2. スワップ金利(ポイント)で儲ける方法

このページでは、「1.為替差益で儲ける方法」をご紹介します。

「スワップ金利 (ポイント) で儲かる方法」についてはこちら

ページのトップへ▲

外国為替を買って儲ける

例えば、以下の例で考えてみます。

(例1)
1ドル=100円のときに50万円を証拠金(保証金)として預け入れた。この証拠金(保証金)を基に100万円分のドルの「買い」を入れる。

決済時レート 1hル=120円 1ドル=80円
決済時のドルの価値 1万ドル×120円
=120万円
1万ドル×80円
=80万円
損得金額 +20万円 -20万円
(証拠金が
30万円となる)
利益率 +40% -40%

 

1ドル=120円になったときの+20万円が為替差益による利益となります。 逆に1ドル=80円になったときの-20万円が為替差損による損失となります。

このような為替差益をキャピタルゲインともいいます。

言うなれば、ここは株と同じですね。株が上がると思ったら、株を買う。

ページのトップへ▲

外国為替を売って儲ける

ただし、株と違うのは、下がると思った局面でも「売り」 を入れることで儲けることができるという点です。

(例2)
1ドル=100円のときに50万円を証拠金(保証金)として預け入れた。この証拠金(保証金)を基に100万円分のドルの「売り」を入れる。

決済時レート 1ドル=120円 1ドル=80円
決済時のドルの価値 1万ドル×120円
=120万円
1万ドル×80円
=80万円
損得金額 -20万円
(証拠金が
30万円となる)
+20万円
利益率 -40% +40%

 

「売り」を入れることで、今度は損得が逆になります。

このドルを買うというのは分かりますが、「売りを入れる」というのが少し分かりにくいですね。

こうして「売り」を入れることで、あなたはドルが下がるときにも20万円儲けることができるのです。

※貸したり借りたりしているというのはイメージとして分かりやすくするために表現したものです。ある日、 突然、外為業者が借金を取り立てに来ることも絶対にないのでご安心ください。

※外為業者は他の外為業者との間で反対となる取引をして、あなたとの取引で損にならないようにしています。 あなたが儲けようと損をしようと外為業者は基本的に損得はありません。

実際のやり取りは、

1.通貨を決める。

2.「買う」か「売る」かを決める

の二つだけです。

ですので、上の仕組みは理解できなくても全く問題ありません。

大切なのは、

ドルが高くなると思ったときはドルを買う。
ドルが安くなると思ったときはドルを売る。

ということを理解しておくことです。

つまり、外為証拠金取引(FX)はドルが上がっても、下がっても儲けられるわけですから、

あらゆる局面で儲けることができる

ということになります。