外国,為替,証拠金,取引,FX, 外国,為替,証拠金,取引,FX

外国為替証拠金取引(FX)のリスク

外国為替証拠金取引(FX)のリスク 目次

為替変動のリスクと証拠金取引

外国為替証拠金取引(FX)ではリターン(利益)が得られるのですから、リスクも存在します。

外国為替証拠金取引(FX)のリスクとは何でしょうか?

一番代表的なのが

為替変動フリスク

です。

それが証拠金(保証金)取引となっているため、 利益も大きい代わりにリスクも大きくなっています。

以下の例で考えてみましょう。

(例)
1ドル=100円のときに10万円を証拠金(保証金)として預け入れた。この証拠金(保証金)を基に100万円分のドルの「買い」を入れる。

決済時レート 1ドル=101円 1ドル=99円
決済時のドルの価値 1万ドル×101円
=101万円
1万ドル×99円
=99万円
損得金額 +1万円 ー1万円
(証拠金が
9万円となる)
利益率 +10% ー10%

このとき、ドルがたった1円上がっただけで10%もの利益を得ることができます。

しかし、一方で、ドルが1円下がっただけで、ー10%もの損失がでてしまうのです。

つまり、証拠金(保証金)取引なので、小さな投資額で大きな利益も得られるのですが、

負けたときの損失もデカい

ということがいえます。

一方で、このリスクは調整することが可能です。例えば、この例で

(例)
1ドル=100円のときに50万円を証拠金(保証金) として預け入れた。この証拠金(保証金)を基に100万円分のドルの「買い」を入れる。

と証拠金(保証金)の金額だけ10倍にして、買うドルの金額を同じにすればどうなるでしょう。

決済時レート 1ドル=101円
(ドル高円安)
1ドル=99円
(ドル安円高)
決済時のドルの価値 1万ドル×101円
=101万円
1万ドル×99円
=99万円
損得金額 +1万円

ー1万円
(証拠金が
49万となる)

利益率 +2% ー2%

これだと損失はたったの2%で済みます。
その分、利益も2%しかもらえませんが。

このように、外国為替証拠金取引(FX)はレバレッジを変えることでリスク(とリターン)を下げることも可能です。

したがって、

自分に合ったリスクを選ぶことができる

ということになります。

ページのトップへ▲

取引業者のリスク

外国為替証拠金取引(FX)は、まず、証拠金(保証金)を業者に預けます。

このとき、外為証拠金取引業者が潰れたらどうなるのでしょうか?
また、外国為替証拠金取引業者が偽者で逃げたらどうなるのでしょうか?

これが取引業者のリスクです。

現実に、昔は、外為証拠金取引業者の規制がほとんどなかったので、そういうことが横行していました。そのときの影響で外国為替証拠金取引 (FX)のイメージが悪くなってしまったんですね。

こういう業者にひっかからないように、また、仮に業者が倒産しても自分の資産が保全されるような業者を選ぶ必要があります。

また、証拠金(保証金)を持ち逃げするほど悪質ではありませんが、サーバーが落ちるなどシステムリスクを抱えた業者も少なからずいます。 これらも取引業者のリスクのうちの一つですね。

詳しくは、「外為証拠金取引 業者を選ぶポイント」「悪徳業者にご注意を」 をご覧下さい。


ページのトップへ▲

金利変動リスク

スワップ金利 で儲かる方法でも書いたように、 スワップ金利では、 ドルを持っているだけでもらえるおいしい利益です。しかも、年率57%にもなったりします。

しかし・・・もちろん、これにもリスクがあります。

それは、

金利が変動するのでスワップポイントも変わる

ということです。 

スワップ金利 は二国間の金利差に左右されます。今(2006年4月)は、日本の金利が極端に低いので、どの通貨を買ってもスワップ金利 で儲けられますが、

日本の金利が上がれば、スワップ金利(ポイント) は小さくなっていく

ということを理解する必要があります。

2006年4月に日銀は量的緩和を止めました。これから、物価上昇の傾向が見られる可能性が高いので、 日銀も金利の引き上げに動き出すでしょう。そうなるとスワップ金利 は下がって行くのです。

もちろん、スワップ狙いであっても、為替の変動リスクは受けます。

詳しくは、 「スワップ金利で手堅く!」 のページをご覧下さい。